旅行の小技、子ネタ

海外旅行保険の体験談!ハワイ旅行中に子供が病気になって3万円の医療費が無料になった話

吸入する子供の写真

こんにちは、2児のパパ看護師うっくんです!

この記事では、ハワイ旅行中子供が病気になった実体験について紹介します。

海外旅行中の病気やけがって、本当に怖いですよね。

私は子供が風邪をひいて熱が出てしまいましたが、海外旅行保険のおかげで無料で受診できました。

その後は無事に治って、楽しいハワイ旅行を楽しむことができました。

海外旅行保険は本当にオススメです!

海外旅行保険を体験した流れ

ハワイ旅行中に子供が病気になった!

楽しい楽しいハワイ旅行中に、子供が風邪をひいてしまいました。

熱も出てぐったり。

もともと喘息もあって、ゼーゼーしてとても苦しそうで、急いで病院にかかることにしました。

海外旅行保険にのコールセンターに連絡

私の子供は『t@biho(たびほ)』という海外旅行保険に入っていたので、コールセンターに連絡しました。

日本語で相談できて、心強かったです。

日本語対応のキャッシュレス提携病院を紹介してもらう

コールセンターに連絡すると、日本語で対応してくれるキャッシュレスの病院を紹介してくれました。

キャッシュレス:保険契約証を見せると、お金を払わず受診できるシステム。

たびほが提携しているキャッシュレスの病院は、ホノルルだけで11個もあります。

↓紹介してもらったのは、ワイキキ緊急医療クリニック(堀医院)という病院です。

ワイキキでかかった病院

その病院は、ホテルから歩いて5分のところにある、ワイキキのLongs Drugs(ロングスドラッグス)という薬局の2階にありました。

紹介してもらった病院を受診

診察してくれたのは外国人の医師で、日本語は通じませんでしたが、看護師さんと受付のスタッフの人は日本人でした。

診察中は看護師さんが医師との通訳をしてくれました。

日本語が通じるって本当に大切です。

特に子供は、自分の症状を正確に言えないですよね。

すごく心強かったです。

↓喘息があるので、診察のあと吸入をしてもらいました。

吸入する子供の写真

シロップの飲み薬と吸入薬で様子をみてください、と言われました。

キャッシュレスで診察代の3万円は払わずにすんだ!

キャッシュレス提携病院なので、診察が終わったら処方箋をもらって、「お疲れさまでした~。」と言われました。

会計は?と思ったら、「保険会社と直接やりとりするので、何もしなくていいですよ。」とのことでした。

子供に早く薬をあげたいので、すぐ帰れたのはありがたかったですね!

薬局で処方された薬代だけ自腹で建替え

処方された薬

病院は薬局の2階にあるので、そのまま1階の薬局に処方箋を持っていきました。

処方してもらったのは、シロップの飲み薬と吸入薬です。

その薬代の107ドル(日本円で11,608円)は、自腹で建替えました。

子供は元気に回復

吸入をして薬を飲んで、子供は徐々に回復し、残りのハワイ旅行をちゃんと楽しむことができました。

楽天カードラウンジのキッズスペース

帰国後の流れ

保険会社からの連絡

帰国後に保険会社から連絡がきました。

「ハワイで立て替えた薬代をお支払いします。」という内容で、そのために詳細を書いた請求書が必要とのことでした。

請求書を保険会社へ送る

たびほの保険金請求書類

請求書をネット上で作成し、薬局で払った薬代のレシートなどと一緒に、保険会社へ郵送しました。

↓別紙に、病気と受診の詳細も書きました。

たびほの保険金請求書類の病気の詳細文章

 

立て替えたお金が振り込まれる

後日、私の銀行の口座に、無事お金が振り込まれました。

これで全部のお金が返ってきました。

保険って本当にありがたいですね。

海外旅行保険の体験後の感想

日本語対応のコールセンターは心から頼りになる

病気やけがは突然のことが多いですよね。

しかも子供のこととなると、冷静ではいられません。

そんな時、24時間日本語で対応してくれるコールセンターは本当に頼りになります。

いつでも相談できる、というのはすごい安心感です。

お金の心配をしなくてすむ

天秤がバランスをとっている

海外は医療費が高いとよく言われます。

でも病気やけがをしても、「払えないくらい医療費が高かったらどうしよう・・・」と悩むのはつらいですよね。

私が絶対に避けたかったのは、子供とお金をてんびんにかけてしまうことです。

「子供がつらそうだから早く病院連れて行ってあげたい。」

「でも医療費が高いから、これくらいならちょっと我慢させようかな。」

子供の健康とお金なんて、比べられるはずないですよね。

でも海外という特殊な環境で、どれくらいお金がかかるかもわからない、という状況では、子供の健康とお金を比べてしまうかもしれません。

私は海外旅行保険に入っていたおかげで、「よし、病院連れて行こう!」とすぐ行動できました。

安心して旅行を楽しめる

海外は日本のように、誰もが助けてくれるわけではありません。

保険の契約がなければ、高額な医療費を請求されてしまうかもしれません。

保険はもともと「もしも何かあったら・・・」という時のためのものです。

もしもの時のための準備をしておけば、安心して旅行を楽しむことができます。

ちなみに私は海外旅行の前になると、自分か子供がいつも体調不良になる運命なんです。

詳しくはこちら・・・

【体験談】海外旅行の出発直前に子供が病気になった!

まとめに

海外旅行は不安や心配がつきものです。

病気やけがにそなえて海外旅行保険に入っておくと、安心して旅行を楽しめますよ!

もしもの時のために、ちゃんと対応できるように、海外旅行保険に入っておきましょう。

自分で必要なプランを選べる保険はたびほがオススメです。

たびほ公式サイト

もしもの時のためのそなえとして、こんなこともオススメです。

【旅行キャンセル】もしキャンセルになったら?キャンセルへの備えとリスク管理とは

それでは、より良い人生を!