旅行の小技、子ネタ

【海外旅行保険】持病(既往症)がある人も入れるプラン

空を見上げる旅行中の家族

こんにちは、看護師うっくんです!

この記事では、持病(既往症)があっても加入できる海外旅行保険について紹介します。

持病(既往症)があると、海外旅行保険に加入できるか不安ですよね。

調べたこと、問い合わせた内容などをシェアしますね!

海外旅行保険は持病(既往症)があると加入が大変

パソコンを見ながら診察している医師

海外旅行保険は持病(既往症)があると加入できない?

ほとんどの海外旅行保険は、加入する時に病気やけがの告知が必要です。

「病気やけがで医師の治療を受けていますか?」という質問があり、「はい」と答えると保険に加入できないシステムになっています。

中には告知が不要な海外旅行保険もあります。

治療中でも加入できることもある

病気やけがで治療中でも、加入できる場合もあります。

 

治療中でも加入できるケース

  • 最初から告知が不要
  • 治療中の病気が、保険会社が指定する『持病』に含まれない

最初から告知が不要であれば、保険に加入できます。

現在治療している病気があっても、保険会社が言う『持病』に含まれなければ、加入できる保険もあります。

持病(既往症)の定義は?

その『持病(既往症)』の定義ですが、保険会社ごとにちがいます。

例えば、損保ジャパン日本興亜の保険、新・海外旅行保険【off!(オフ)】を見てみます。

通常医師の治療を受けていたり、薬を服用している場合は新・海外旅行保険【off!(オフ)】にご加入いただけません。

ただし、以下のケースは新・海外旅行保険【off!(オフ)】にご加入いただけます。

と書いてあります。

この保険の場合、医師の治療中や、薬を服用している場合を持病(既往症)としていると解釈できますね。

加入できる以下のケースというのは、かぜ、インフルエンザ、食中毒、すり傷、切り傷、やけど等で軽症かつ定期的な医師の治療を要しないもの、などです。

それ以外は全部ダメなのかと、保険会社にメールで聞いたところ、

担当者
担当者
病名や病状によって契約できる場合もあります。通院頻度・病状から加入できるか判断させていただきます。

とのお返事でした。

  • 持病(既往症)の対象かどうかは、保険会社によって違う
  • 加入できるか不安だったら、直接問い合わせてみましょう!

加入できても持病(既往症)の悪化は補償の対象外

注意しなければならないのが、保険に加入できたとしても、持病(既往症)が悪化して治療が必要になったものは補償の対象外になる、ということです。

どういうことかと言うと、日本で風邪をひいて日本の病院で治療を受けたとします。

その後、体調が回復して海外旅行に行きました。

現地でその風邪がぶりかえして悪化して治療を受けます。

その場合、現地で治療を受けても補償されないんです!

持病(既往症)が現地で悪化した場合は、補償されません!

持病(既往症)の悪化って何?

持病(既往症)が悪化した場合、補償されないってちょっとあいまいだと思いませんか?

現地で風邪をひいて、それがもともとひいてた風邪の悪化かどうかって、わからないですよね?

気になったので、私は保険会社に電話で聞いてみました。

うっくん
うっくん
私は看護師だから、細かいことが気になるんです!

 

保険会社に聞いたことと返答

  • 現地で風邪をひいたからといって、もともとひいてた風邪の悪化かどうか、どうやって判断するんですか?
    現地の医者の判断になる。保険会社が直接医者とやりとりして確認します。
  • 現地で病気になったとして、もともとひいてた風邪がちょっとでも関係してるなら、補償されないんですか?
    持病の悪化、ということになるので、補償はされません。
  • 半年前にひいた風邪はさすがに関係ないですよね?
    →完治していれば関係ありません。
  • 完治って誰が判断するんですか?
    診察してもらっていた医者に「治療終了」と診断されて、内服も終了していれば完治となります。ただ完治していても、出発前の病気が原因で病気になると、補償の対象外になります。

うーん、聞けば聞くほど恐ろしいですね・・・

当たり前ですが、基本的にグレーなところは補償してくれません。

でも安心してください!

ちゃんと持病(既往症)の悪化も補償してくれる保険があります!

持病(既往症)の悪化も補償してくれる疾病に関する応急治療・救援費用補償特約

『疾病に関する応急治療・救援費用補償特約』は、持病(既往症)が現地で悪化しても、ちゃんと補償してくれる保険です。

例えば、AIG損保の『疾病に関する応急治療・救援費用補償特約』の条件を見てみましょう。

保険金額
  • 300万円まで
支払い条件
  • 旅行前の持病(既往症)が原因の病気
  • 旅行中にその症状が急激に悪化して、医師の治療を受けた場合
支払いの対象
  • 疾病治療費(治療費、入院費)
  • 救援費用(家族が現地にかけつけるための交通費・宿泊代)
うっくん
うっくん
持病(既往症)が悪化しても、300万円まで出してくれるんですね!

妊娠、出産、早産、または流産に関係する病気や、歯の治療などは対象外です。

詳しく見たい人は、公式ページで調べてみてください!

公式ページ

ネット申し込みの持病(既往症)補償ありの保険は少ない

パソコンを使う女性

私はいろんな保険会社に、電話やメールで問い合わせをしましたが、ほとんどの会社の返事はこうでした。

うっくん
うっくん
持病(既往症)があっても加入できますか?

担当者
担当者
インターネットでは申込みできません。直接、代理店の窓口に行って相談してください。

持病(既往症)の補償があって、インターネットで申し込みできる保険は少ないんです。

ネット申し込み可の持病(既往症)補償つき保険

観光旅行ならAIG損保だけ

観光目的で、インターネットで申し込めるのは、AIG損保だけです。

現地で応急治療が必要になったら300万円まで補償してくれます。

AIG損保のすごいところは、持病(既往症)の補償がもともとのプランに含まれているので、追加でお金を払わなくてもいいんです。

しかも、告知も不要です。

ちゃんと自分の持病(既往症)が対象になるかどうかは、直接問い合わせて確認しておいてくださいね!

公式ページ

留学目的ならt@bihoたびほ

JTBグループが運営するt@bihoたびほは、通常のプランに『疾病に関する応急治療・救援費用担保特約』を追加できます。

ただし、留学目的で、保険期間が31日超、年齢が32歳以下という条件があります。

観光目的の旅行だと、この補償は追加できません。

留学目的ならt@bihoたびほも検討してみましょう。

公式ページ

窓口で直接申し込むと、加入できるかも

保険会社の担当者は、「直接代理店の窓口に行ってください」と言ってきます。

空港や旅行会社にある、海外旅行保険窓口に直接行けば、加入できるかもしれないそうです。

あくまで、加入できるかもしれない、ってことですからね!

ちなみに、東京海上日動だけは、持病(既往症)の補償をつけるプラン(窓口のみ)がちゃんとあります。

知っておくとトクする海外療養費

私たちが日本で加入している健康保険を使って、海外で払った医療費の一部を払い戻してもらえる、という制度です。

対象となるケース、支給割合などは、こちらの記事がわかりやすいです!

クレジットカードの海外旅行保険は持病(既往症)の悪化も補償してくれる?

海外旅行保険つきのクレジットカードはたくさんあります。

しかしクレジットカードの海外旅行保険では、持病(既往症)の悪化は補償されません。

ちゃんと自分で海外旅行保険に加入する必要があります。

ただ、補償内容を強化してくれる年会費無料のクレジットカードがあれば、保険料を安くすることもできます!

【子連れハワイ】おすすめのクレジットカードは3枚!

まとめに

持病があっても、加入できる海外旅行保険はあります!

「旅行中に具合が悪くなったらどうしよう・・・」

という不安を減らし、旅行を楽しむために、しっかりと保険に入っておきましょう。

それでは、より良い人生を!