【e内容証明】エラーでファイルがアップロードできない時の対処法


スポンサーリンク

日本郵便のロゴと、「e内容証明、エラーの対処法」というメッセージの画像

こんにちは、家から出たくない看護師うっくんです。
先日、仮想通貨取引所のコインチェック株式会社に対して内容証明を送りました。
 >>【コインチェック被害者】コインチェックに損害賠償の内容証明を送った手順
その時、郵便局が提供する「e内容証明(電子内容証明サービス)」を使いました。
その操作の途中で困ったことがあったので、同じ状況で困っている方のためにその対処法をお伝えします。

e内容証明とは

インターネットを通じて、内容証明郵便を24時間差し出すことができるサービスです。
Wordファイルで作成した内容証明文書をインターネット上にアップロードしていただければ、当社の全自動の機械で、印刷・照合・封入・封かんし、内容証明郵便として発送します。

引用:日本郵便ホームページ「e内容証明(電子内容証明サービス)」

簡単に言うと、家にいながらネットを使って内容証明を送ることができるというサービスです。

e内容証明で困ったこと

ファイルをアップロードできない

内容証明をネット上で送るためには、作成したwordのファイルをアップロードする必要があります。
アップロードしたファイルを、こちらの住所や送る相手の住所などと一緒に送信するという流れです。
しかし私がファイルをアップロードしようとすると、何度もエラーが出てしまってアップロードできない、という現象が起きました。

1回めのエラーと対処法

↓最初に出てきたエラーです。
e内容証明でファイルアップロードしたらエラーが出た時の画像

スポンサーリンク

ちゃんとしたファイルを使っていないですよ、という内容のメッセージです。
e内容証明で送るファイルには、ちゃんと規定があります。
↓ファイルの形式はこれ、ページの余白がどれくらい、文字の大きさ、フォントはこれとこれ、など。
E内容証明の文書作成規定の画像
↓詳しくはこちらのページの操作マニュアルをダウンロードすると全て書かれています。
e内容証明説明書・文書ファイル雛形ダウンロードページ
↑また、このページにはwordの雛形があるので、それをダウンロードしてそこに直接文章を入力すると間違いがありません。

<対処法>
1.ファイルの雛形をダウンロードして文章を入力する
2.規定に沿って作成する

2回めのエラーと対処法

wordの雛形をダウンロードして、規定をちゃんと見ながら文章を作成し、アップロードしました。
↓しかし今度は別のエラーメッセージが出てきました。
e内容証明でファイルアップロードしたらエラーが出た時の画像
「イメージ、線分、文字装飾のいずれかがあります。」
ネットで調べていくつか出てきた対処法を試してみて、なんとかできました。

<対処法>
1.パソコンにもともと入っている「メモ帳」のソフトへ、文章を全部コピペする
2.貼り付けた文章をコピペして、雛形へ戻す
3.文章全体を全部選択(Ctrl+A)する
4.文字サイズを10.5にする
5.フォントをMS明朝、MSP明朝、MSゴシック、MSPゴシックのどれかにする

まとめに

今の時代、インターネットがあれば何でもできるようになってきました。
e内容証明を使えば、郵便局まで行かなくとも家で文章の作成から送信まで全てできます。
ただe内容証明はシステムを整えている最中なのか、エラーが起こることが多いようです。
同じ症状で困っている方がいたら、この記事が参考になれば幸いです。
こんなことに時間をとられるのはもったいないですね。
人生は有限です。
大切なことに時間を使っていきましょう。
時間が無限に続くと思っている人がいたらこの記事を読んでみてください
 >>自分はまだまだ死なない、長生きできると思っている人へ
それでは、より良い人生を!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする