旅行の小技、子ネタ

【JAL国際線】子供の病気(風邪)でキャンセルしたのに全額払い戻ししてくれた神対応!

飛行機 飛んでいる写真

こんにちは、看護師うっくんです!

この記事では、JALが国際線の航空券を全額返金してくれた、とても優しい対応について紹介します。

キャンセル料がかかるはずの航空券だったのに、子供の風邪を理由にキャンセルしたら、なんと「特例」で全額払い戻ししてくれたんです!

その時のことをシェアしたいと思います。

注意:あくまでも特例だったので、「もしまた同じような理由でキャンセルする場合でも、払い戻しできるかはお約束できません」とのことです。 

キャンセルしたのは国際線の割引航空券

私が予約していたのは、JALの公式サイトから予約した国際線の割引航空券です。

セントレアからハワイ行きの往復チケットで、運賃規約は次の通り。

JAL キャンセルポリシー
まとめると・・・
・キャンセルは出発前までに連絡すればok
・キャンセル料:大人30,000円、子供22,500円、席なし幼児は無料

航空券を病気(風邪)でキャンセルした流れ

出発日の4日前に子供が発熱→JALに電話で相談

熱 体温計

ハワイ旅行のためにばっちり準備をしていたら、出発の4日前になって1歳の子供(長女)が熱が出てしまいました。

「これは旅行もヤバイ・・・」と思い、念のためJALに電話で相談しました。

「長女が風邪をひいて熱が出てしまいまして、もしかしたら出発日を変更するかもしれないんですが・・・」

担当者「お客様の予約したクラスだと、変更手数料もかかります。しかも予約変更の5日前という期限を過ぎており、予約グレードをあげないと変更できないのでもっとお金がかかります。」

計算すると、まず75,000円(大人3人、子供1人分の手数料)かかり、さらに予約グレードをあげた差額分がかかってしまいます。

高い・・・

担当者「もし出発日を5日より後に変更するなら予約グレードはそのままで変更できます。」

5/16出発予定でしたが、5/21出発にすれば、変更手数料75,000円だけでいいそうです。

そんなに待ってられるかー!と、とりあえず子供の回復に期待。

2日前に解熱し、予定通り準備

小児科からもらった薬で長女は徐々に回復。

「よし、これで行ける!」と予定通りの出発に向けて準備をはじめました。

前日の夜にまた発熱→当日の朝にJALに電話で相談

神様は残酷ですね。

出発の前日の夜9時、まさかの38.7度の熱。

夜はJALが電話がつながらないし、もうネットでキャンセルできる日にちを過ぎてたので、朝になってJALへ電話。

「長女がまた熱が出たので出発日の変更をお願いします・・・子供の熱が下がらないと日にちも決められないので、キャンセルになるかもしれません。」

すると、

担当者「それは大変ですね・・・お子様のお熱のこともあるし、何度も便を変えるってなるとお金もそのたびにかかってきます。飛行機に乗れませんっていう診断書があれば、もしかしたらこちらで特別対応できるかもしれません。ちょっと上の者に相談してきます。」

・・・特別対応?

絶望の中にひとすじの光が見えてきました。

キャンセル料がかかるはずなのに特例で全額払い戻し!

「病気を理由」に特例で全額払い戻ししてくれた神対応!

神の像

担当者「上の者に確認してきました。診断書を提出していただければ、今回は特例でキャンセル料はいただかずに全額払い戻しします。」

まさかの神対応でした。

キャンセル料は11万2500円かかるはずだった

キャンセル料は規約にもある通り、大人30,000円、子供22,500円でした。

長女はひざ上で座席なしだったので、大人3人(私、妻、私の母)、子供1人(長男)で合計11万2500円のキャンセル料がかかります。

それをなんと無料にしてくれたのです!

条件は診断書提出だけ

キャンセル料を無料にする条件は、診断書提出だけでした。

診断書に書いてもらう内容として、

・発症日

・当日に飛行機には乗れない

この2点があればOKとのことでした。

↓実際に書いてもらった診断書はこちら。

診断書

病気を理由にキャンセルして払い戻しされるのは国内線だけ

↓JALの国内線の規約には、病気を理由にキャンセルしたら払い戻ししますよ、とあります。

お客さまご本人、またはご同行のお客さまのご病気などにより、飛行機の利用が難しい場合は医師の診断書などの提出を条件に、取消/払戻手数料をいただかずに払い戻しいたします。

詳しくはJAL国内線ご予約・ご購入・ご案内までお問い合わせください。

ANAにも同じような規約がありますが、実際国内線をキャンセルして払い戻ししてもらった人もいます。

国際線の払い戻しはケースによる!?

国際線には病気だと払い戻ししますよという規約はないので、病気が理由でも基本キャンセル料はかかります。

↓ただこのツイートを見ると、場合によっては私のように払い戻しされることもあるみたいですね。

まとめに

今回、特例で病気を理由に全額払い戻ししてもって、本当にJALに感謝です。

こういったことがあると、「やっぱりJALは信頼できるな~」ってなりますね。

狙ってできることではありませんが、本当よかったです。

注意!
私は全額払い戻ししてもらいましたが、あくまでも「特例」なので、同じ条件でも必ずJALが払い戻しをしてくれる保証はありません。

旅行がキャンセルになってしまった人はこちらも読んでみてください。

旅行がキャンセルになった時のメリット、腹いせの方法とは

それでは、より良い人生を!