買ってよかったもの

【羽毛布団の口コミ】タンスのゲンの評判は?布団の西川と比較

少しずつ朝夕が冷え込むようになると、欲しくなるのが暖かい羽毛布団。

今回はタンスのゲンと西川という2つのメーカーで、それぞれ羽毛布団を購入して比較しました。

タンスのゲンは1万円、西川は2万円の布団を選んでいます。

結論から伝えます。

  • コスパを求めるなら、1万円のタンスのゲン
  • ぜいたくな暖かさを求めるなら、2万円の西川がオススメ

私が実際に使った体験談と、口コミも合わせてご紹介します!

羽毛布団の選び方

まず羽毛布団はどのように選べば良いのでしょうか?

「羽毛布団×選び方」と検索するだけで、数えきれないほどページが出てきます。

グースやダック、ダウン率、ダウンパワーなど、たくさんの専門用語が出てきて、混乱してきませんか?

しかも「数字だけを見て判断してはいけません」なんて書いてあるサイトもあるので、良い商品を選ぶのは至難のわざ。

そこで本当に参考になるのが、実際の口コミですよね。

では実際に2枚の羽毛布団を購入した、私の口コミをお伝えします。

「タンスのゲン」の1万円の羽毛布団を選んだ理由 

羽毛布団を広げた写真

まず最初に、どうしてタンスのゲンの布団を選んだのかお伝えしますね。

1万円という安い商品があった

羽毛布団の値段は、5万円や10万円のものが当たり前のように売られています。

「安いものを買うと失敗しそう」と思ってしまいそうですが、できればお得に買いたいですよね。

タンスのゲンでは、羽毛布団が1万円くらいの値段で購入できます。

安さを重視する私のような人にとっては、魅力的な値段ですよね。

レビューが多くて悪いレビューが少ない

そのために参考にしたのが、購入レビューです。

楽天で「タンスのゲン 羽毛布団」と検索すると多くの商品が出てきますが、驚くことにほとんどの商品が☆が4つ以上の高評価がついています。

しかも1万件以上の評価がついているものもあり、信頼できます。

他のメーカーの羽毛布団のレビューと比べてみましたが、タンスのゲンは悪いレビューが少ない、という印象でした。

私が実際に購入したのは、約1万円のこの羽毛布団です。

「西川」の2万円の羽毛布団を選んだ理由

もう一つ、私が買ったのは西川の2万円(正確には19,999円)の羽毛布団です。

では私が西川の羽毛布団を選んだ理由を、くわしくお伝えしますね。

西川というブランドにひかれた

広げた羽毛布団と布団カバーが写っている写真

西川の布団と言えば、高級イメージが強い有名ブランド。

「西川の布団なら、きっといいものだろう」というイメージがありませんか?

西川には、有名なブランドだから信頼できるという安心感がありました。

2万円というちょっとぜいたくを感じる値段を感じたかった

私は羽毛布団に2万円は高いと思います。

人によっては「5万円、10万円は出さないと」、という人もいるかもしれませんが、私には2万円が限界ですね。

ただ私は、出せる範囲で高級な布団でぜいたくを感じてみたかったんです。

悪いレビューがほとんどない

楽天でのレビュー件数自体は100件以下と少し少なめですが、総合で4.5以上で、全て☆3以上のレビューというのが魅力でした。

☆1つ、☆2つという悪いレビューは全くありませんでした。(2020/10/16時点)

良かったレビューで多かったのは、次の3つです。

  • ふわっふわ
  • ボリュームたっぷり
  • 暖かい

↓実際に楽天市場で見てみてください。とても評価高いですよ!

購入後の比較レビュー

暖かさは感覚的に1.3~1.5倍の差

↓左が2万円、右が1万円。西川の2万円のほうがややボリュームがあります。
2つの布団を隣り合わせに置いて厚みを比較している写真

体に実際かけてみると、西川の2万円のほうが少し重みがあって「中身がつまってる」感じがしました。

暖かさの比較では、1万円のものと比べると感覚的に1.3~1.5倍くらいの差があります。

私は名古屋に住んでいますが、西川の2万円のほうは真冬でも1枚で過ごせます。

タンスのゲンの1万円のほうも、真冬以外は1枚で十分。本当に寒い日には毛布が1枚あれば暖かく過ごせます。

においはどちらも気にならない

羽毛布団の中には、開封時ににおいがするものがあるようです。

最初は臭かったけど、室内で陰干ししてたら1,2日でにおいは消えた。

という内容のレビューが見られるものがあります。

私が購入したものは、どちらもにおいが気になることはありませんでした。

もし布団が届いた時ににおいが気になったら、陰干しを試してみましょう。

どちらも価格と品質はバランスよし!

1万円のタンスのゲンの羽毛布団も、2万円の西川の羽毛布団も、どちらも価格と品質のバランスがとれたものでした。

感想をまとめると、次のようになります。

メーカータンスのゲン西川
価格1万円2万円
暖かさ
ボリューム
コストパフォーマンス

まとめに

羽毛布団は本当に選び方が難しいです。

使ってみて、価格と品質のバランスに納得できるのがいいですよね。

今回買った布団がどんな人にオススメか、まとめますね。

  • コスパ重視、だけど失敗はしたくない派 → 1万円のタンスのゲン 
  • ちょっと長めに使うことを考えてぜいたくしたい派 → 2万円の西川

よかったら参考にしてみてくださいね。

↓タンスのゲンの羽毛布団(1万円)はこちら

↓西川の羽毛布団(2万円)はこちら