車のこと

【ブレーキパッド交換】ネットで安く買って整備工場に持ち込みするのが安くて安心!

ブレーキパッドを整備している写真

こんにちは、看護師うっくんです。

この記事では、ブレーキパッドを整備工場に持ち込んで交換する方法をお伝えします。

ブレーキパッドの交換てめんどくさいけど、安く済ませたいですよね。

車検の時にディーラーに交換してもらうと、「楽だし安心だけどお金が高いなー」と思いませんか?

私はブレーキパッドをネットで安く買って、近くの整備工場に持っていって交換してもらいました!

ブレーキは車の命だから自分で交換するのは怖い、だけど安くしたいという人にオススメですよー。

ブレーキパッドを交換する方法は3つ!

ブレーキパッドも交換もおまかせ

両手を合わせてお願いしている男性

ほとんどの人がブレーキパッドも交換もおまかせしてますよね。

ディーラーとかオートバックスに車を持っていって、「ブレーキパッドの交換お願いしまーす」って言うだけです。

車に合ったブレーキパッドを交換してくれます。

ただ、一番お金がかかります。

かかるお金 = ブレーキパッド代 + 工賃

 

ブレーキパッドを自分で買って、交換はおまかせ

パソコンを使う女性

ブレーキパッドをディーラーやオートバックスで買うと高くなります。

ネットで買えば、同じものでも安く買えます。

ネットで安く買って、どこかに持ち込んで交換してもらえば、合計すると安くなります。

かかるお金 = ブレーキパッド代(ネットで安く買う) + 工賃

ブレーキパッドを自分で買って、自分で交換

ブレーキパッドを整備している写真

ブレーキパッドをネットで安く買って、自分で交換できれば一番安くなります。

最近ではブログやYouTubeでも自分で交換する方法が書いてありますよね。

でも自分でできる人ならいいですが、工具も必要だし、怖くないですか?

ブレーキなんて下手したら死んじゃいますからね・・・

「おれはできる!」という人は自己責任でがんばってください!

かかるお金 = ブレーキパッド代 だけ!

オススメはブレーキパッドを自分で買って、交換はおまかせ

私がオススメするのは、ブレーキパッドはネットで安く買って、交換はプロにおまかせする方法です。

ブレーキパッドはディーラーやオートバックスで買うより安く買えますし、同じ値段でもっといいものを買えます。

交換をプロにお願いするのは、やっぱり安全・安心のためですよね。

オススメの手順

ブレーキパッドをネットで買う

国産で有名なメーカーだと、「曙(あけぼの)」「DIXCEL」があります。

私の友人の車マニアが言うには、「曙は純正品と同じくらいの品質。DIXCELはもうちょっといいよー。」とのことでした。

私はネットで評価を見て、DIXCELのブレーキパッドにしました。

※車に合ったブレーキパッドを探してくださいね!

私の車はトヨタのエスティマで、型式が「ACR50W」だったので、それに合うブレーキパッドを探しました。

↓実際に買ったブレーキパッドのフロント(前輪)用はこちら

↓リア(後輪)用はこちら

持ち込みできる整備工場を探す

ネットで、「ブレーキパッド 交換 持ち込み ○○(住んでる地域)」と検索すると、持ち込みできる整備工場が出てきます。

また、整備工場を検索できる「グーピット」というサイトを使って調べることもできますよ。

 >>グーピットのサイト

私はグーピットを使って、家から近い工場を何個か選んで問い合わせメールをしました。

「ブレーキパッドの交換をお願いしたいんですが、工賃と持ち込み料金を教えてください。」

これだけで伝わります。

持ち込み料金がかからなくて工賃が安い整備工場を予約する

ネットで調べるか直接問い合わせをして、持ち込み料金がかからなくて工賃が安いところを探します。

注意点:「ブレーキパッド交換 ○○円」としかホームページに書かれていないところもあります。
持ち込み料金は別、ということもありますので、ちゃんと確認してくださいね。

予約した日に整備工場に車とブレーキパッドを持っていく

あとは予約できたら、買っておいたブレーキパッドを持って車に乗って整備工場に行くだけです。

受付したらあとは全部おまかせです。

↓ネットで買ったブレーキパッドはこんな感じで届きました。ティッシュくらいの大きさです。
ブレーキパッドの箱の写真

↓中身はブレーキパッドと付属品と説明書です。
ブレーキパッドの中身を出した写真

まとめに

ブレーキの交換はプロにまかせたい、でもできれば安くしたい!という人にこの方法はオススメです。

ちょっとの手間で数千円の節約になりますから、大きいですよ!

それでは、より良い人生を!