車のエンジンルームの右下が濡れている時の対応 ~パワステオイル漏れの場合


スポンサーリンク

ある日車のエンジンルームの下が濡れていました。運転席側のタイヤのちょっと前くらいです。写真は2箇所に見えますが、少し車の場所を動かしたため2箇所に見えるだけで実際に濡れているのは車の前方の1箇所のみです。

結論を言うとパワステのオイルが漏れていたのですが、その時の実際の対処方とかかった費用などをお伝えします。

漏れてから2,3日後に不調出現

濡れているのに気付いたのは、不調が起こる2,3日前でした。
エアコンの水漏れかなあくらいに思っていましたが、運転直後ではない時にも濡れていたため、何かおかしいなとは思っていました。
ただ、仕事やなんやらで忙しかったため、見て見ぬふりをしていました。
そのまま何事もなく運転できていましたが、2,3日すると運転中のハンドルを切る時にブルブル震えるようになりました。
運転自体はなんとかできましたが、低い「グーッ」というような異音と共にハンドルが震え、カーブが曲がりにくくなってしまいました。

ハンドルの震え、異音への対応①状況確認

まず知り合いに相談したところパワステオイルかもしれないと言われました。エンジンルームを開けてみるとパワステのオイルが見事に減っていました。
写真は空になった時のものですが、その時は底から1cm程度しか入っていませんでした。

2本線があるうちの上の線が満タン、下の線が最低ラインでしたが、最低ラインをはるかに下回っていました。

パワステとは?

パワステというのは、ハンドルを回す時に回転するのを補助してくれるシステムです。これにより女性であっても停車中でも、軽い力でハンドルを回すことができます。
そして、パワステが効かない状態でハンドルがめちゃくちゃ重くなった状態を、「重ステ」と言うそうです。

ハンドルの震え、異音への対応②ディーラーへ連絡

私はすぐにディーラーに電話をして状況を伝えました。
その場所からディーラーまでは車で10分ほどの距離にあり、すぐに来てくださいと言われました。
この状況で行っても良いのかと担当の方に聞くと、ハンドルが重いいわゆる「重ステ」になるだろうがすぐに故障ということはないだろうとのことでした。

ゆっくり車を走らせディーラーに到着し車を見てもらうと、ホースからパワステオイルが漏れているとのことでした。
すぐ交換したほうがよいが、部品の取り寄せに3日かかるため、とりあえずオイルの補充とホースの補強をして対応してもらいました。

ホースの補強はただのビニールテープのようなもので、「応急処置なので多分漏れは防げませんけどね」と言われましたが・・・

中央部分の黒いところが補強してくれたところです。
オイルは補充してもらったので満タンになっていました。
帰り道はハンドルもスムーズに動き、安心して家に帰れました。

ハンドルの震え、異音への対応③ディーラーで部品交換

次の日、また車の下が濡れていました。

スポンサーリンク

運転しないほうがいいと思い、部品が届くまで運転しないようにしました。
数日たって部品が届いたと連絡があり、ディーラーへ行こうとすると、今度は完全にオイルは空になっていました。
さすがに空で運転すると故障するのでは、と思い、近くのオートバックスにオイルがあるか問い合わせてみました。
もしあればもう1台の車で買いに行って、オイルを補充してディーラーまでなんとかたどりつくつもりでした。
オートバックスでパワステオイルは単品で1000円くらいで扱っているそうですが、タイミング悪く品切れでした。
取り寄せに2,3日かかるとのことで諦めました。

ディーラーに電話して、完全にオイルが空になっているが運転して行ってもよいか聞くと、「パワステオイルのタンクが空になっていても、ホースの中までまったくのゼロになっているということはありえないだろうから何とか運転して来てください、ただ絶対壊れないという保証はできません」という恐ろしいお返事。
覚悟を決めてエンジンをかけると、ハンドルも何も触っていないのにキーキーという異音がしました。
さすがにやばいのかと思いましたが、どうしようもないので動き始めました。
動く前はキーキーと異音があったものの、動き始めたらハンドルの震えと異音は前回ディーラーに行った時とそう変わりませんでした。
なんとかディーラーにたどり着き、部品を変えてもらいオイルを補充してもらいました。

▼空だったタンクは満タンになり、

▼テープで補強していたホースは新品になりました。

 →→→ 

その後はハンドルもとても軽くなり、今まで通り走れるようになりました。

実際にかかった時間と金額

部品の交換にかかった時間は1時間ほどでした。一旦ディーラーを離れたため実際はもっと早く出来ていたかもしれません。

かかった金額は9870円でした。
内訳=ホース交換(2893円)+オイル補充(1080円)+工賃(5897円)でした。
手痛い出費です。。。

まとめ

エンジンルームの右下が濡れて、運転時にハンドルの震えや異音がしたら、パワステオイル漏れかもしれません。(車種にもよります)
エンジンルームを開けて確認してみましょう。パワステオイルがすっからかんになっているかもしれません。
その場合、ディーラーに連絡して対応を聞きましょう
もし私と同じことを言われたら気合で運転していきましょう。
かかる金額は10000円前後くらいかもしれません。

車の下が濡れていたら、というより何かおかしいかな?と思ったら早め早めに原因を確認して対処しましょう。
人生と一緒ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする