地元の掲示板「ジモティー」を使うと、買取査定サイトで買取価格0円の古いパソコンを売ることができる ~体験記


先日パソコンを買い替えた時に、それまで使っていたパソコンをジモティーという掲示板を使って売ることができたので、その流れと注意点をお伝えします。

古いパソコンは売りにくい

まず私がパソコンを売ろうと思ったのは、パソコンを新しく買い替えたからです。それで5年ほど使っていた一体型のパソコンを売ることにしました。ネットの買取サイトで型番を入れて調べてみると私のパソコンは古すぎたためか0円にしかなりませんでした。

もう私のパソコンは古すぎて市場価値がないということがわかり、とてもショックでしたが、よくパソコンの寿命は5年と言われているので仕方がないかなとも思っていました。

新しく買ったパソコンの横に置いてyou tubeをずっと流していましたが、「まだまだネットも使えるし、micro soft office 2010も入ってるから、誰か必要としている人はいるはず」と思い、そんな人に買い取ってもらえる方法を探していました。

パソコンを売る方法の候補

候補として、

①友人、知人に売る

②ヤフオク

③メルカリやラクマなどのフリーマーケットサイト

を考えましたが、消去法で全て消えてしまいました。

①はまず売り込むのは気がひけますね。ちょうど良くパソコンを欲しがっていて、しかも中古でもいいという人を周りで探すのは可能性として低いと思いましたのでやめました。

②はまず買取査定が0円だったということからなしです。

③が一番有力かなと思いましたが、梱包や送料、取引後の不具合の対応などを考えてやめました。壊れ物なのでしっかり梱包しなくてはいけないですし、試算はしてませんが重さから考えても送料は安くはないでしょう。また、遠方の方に買って頂いてもし初期動作不良があった場合には、また送り返してもらうのに送料をもらうわけにもいきませんし、対応がとても大変になると思われます。

ほとんど諦めかけていた時に見つけたのが、ジモティーでした。

ジモティーとは

ジモティーは地域のインターネット上の情報掲示板で、地元でモノやサービスを譲り合ったり売り買いしたりできます。さらには、社員募集からイベントの宣伝、ペットの里親募集、困っているから助けて下さい、といったものまで、とにかく「地元」でなんでもやりとりをすることができます。

ジモティーの意味は、「地元の人」という意味だそうです。

ジモティーのサイトはこちら ジモティー 無料の広告掲示板

投稿~取引完了までの流れ

ジモティーでパソコンを投稿

ジモティーでパソコンを検索してみると、実際に売られていました。安いものでは3000円くらいのものから、最近の新しいものでは10000円を超えるものまでたくさんありました。印象としては、ヤフオクやメルカリよりも安いと思いました。

ジモティーを使えば、梱包して宅急便で送ることはしなくて済みますし、取引の場所を希望の駅に指定できますので、最寄りの駅に設定をすれば、そこに行くだけで直接相手の方とやり取りができます。

ダメ元ではありましたが、まだまだ使えるということを考えて、10000円で投稿しました。キーボード、マウスはもともと付属品としてありましたので、本体+キーボード+マウスの3点セットです。

私が投稿したパソコンの写真はこちらです。

最初普通にとってパソコンを投稿したら、パソコンなどの高額なものは投稿IDを書いて写真の中に入れる必要があるそうです。

私はメモに投稿IDを書いてパソコンに貼り付け、投稿しました。

投稿後1週間でメッセージが届く

ほとんど期待していませんでしたが、ジモティー経由でメールが届きました。動作の状況や付属ソフトなどの質問でした。動作は実際にブラウザでyoutubeを開いて何秒かかるかをお伝えしました。ネット環境もあるのでこの方法が正しいのかどうかはわかりませんでしたが、多少の参考にはなると思います。付属ソフトとして、microsoft officeのhome and business2010がありましたので、それをお伝えしました。

そして、ジモティー経由でメールのやりとりを何度かして買い取って頂くことが決定しました。

引き渡しの詳細設定

引き渡しを行うために日にちと場所の設定をする必要があります。引き渡し場所の設定に関しては、まずジモティーに登録する時点で取引場所を設定する項目があります。○○町のコンビニの駐車場などの具体的な場所ではなく、駅を設定します。○○線の○○駅といったように駅しか設定できません。私は最寄りの駅を設定しておきましたが、駅まで車で15分ほどかかるので、できれば家まで来てもらえるか、家の近くのコンビニかどこかで待ち合わせしませんかと提案してみました。

すると、メールのやり取り画面に急にメッセージが出てきました。内容は、身分証明書を認証してくださいというものでした。

私が送ろうとしてメッセージの中に、具体的な住所(番地までは書いてませんが、○○町くらいまでは書きました)が書かれていたために、公共の場所以外で引き渡しをする時のトラブルを防ぐためにこのようなメッセージが出てきたようです。

ジモティーのトラブル予防策

「ジモティー」「トラブル」で検索してみると、実際にトラブルは起きているようです。

運転免許証などの身分証明書の認証をすることで、身元がバレてしまうわけですから、犯罪の抑止力にはつながると思います。また、任意ですが電話番号の認証もあります。

ジモティーの安心安全ガイドにも、想定されてるトラブル事例の中にこのようなものがあります。

  • 直接会って取引をする際に、暴力を振るわれた
  • 引き取りの際に体を触られるなどの公序良俗

引用元:ジモティー安心安全ガイド

知らない人といきなり会うなんてちょっと気がひけますもんね。

しかもお金も絡んでいる訳ですから、トラブルのきっかけになる可能性は十分にあると思います。

トラブルに巻き込まれないためにはしっかりとして予防策が必要ですね。

私は家に来てもらいたかったのと、やり取りを直接LINEか携帯の電話でしたかったので、運転免許証を写真に取り、サイトにアップロードして認証してもらいました。

すると、住所も電話番号も書いてもメッセージは出なくなりました。

トラブルに遭わないためには

本来ならトラブル防止のためには住所も電話番号も書かずに、指定した駅で会うのが一番良いとは思いますので、これは自己判断でお願いします。

またジモティーのサイトでプロフィールを見れば、その人が身分証明と電話番号の認証をしているかどうかわかります。認証を行っている人であれば、信頼度は増すでしょう。後は、プロフィールの文章だったり、実際のメールのやりとりの内容から判断するしかありません。

引き渡し当日

家に取りに来て頂けることになっていたので、約束時間の10分前に家の前に出て車の中で待っていました。相手の方は、時間ぴったりに車で来て下さって、無事にパソコンをお渡しすることができました。その場で現金で料金を頂き、取引完了です。

パソコンを立ち上げてみて初期動作の不良などがあればご連絡下さいとお伝えしました。

取引の後に商品に不備等があった場合は、個人のやりとりになるので払い戻しをするのか別の対応をするのかは考えておく必要があると思います。売りました、でも壊れてても知りませんというのでは通じないと思います。

個人での商品のやり取り

最近ではヤフオクやメルカリ、ラク等マ、個人で色々なものを売買することが簡単にできるようになってきました。

お店で買うより安く手軽に買えるというメリットがある反面、トラブルに巻き込まれることもあるようです。悪質な人から購入した場合、お金を振り込んだのに商品が届かないとか、注文した商品と全く別のものが届いたなどといったこともあるようです。

匿名でやりとりができるシステムだからこそ、バレないと思ってそういったことをついついしてしまうのかもしれませんが、いつの時代でも信頼と言うものは大切だと思います。相手の顔が見えなくても、相手の名前も知らなくても、人と人とのやり取りには変わりありません。信頼されるやり取りをしましょう。

まとめに

ジモティーでのやり取りを通じて私は信頼や人とのつながりを改めて考えさせられました。

私達は会社に属していれば会社の看板を背負って仕事をしています。プライベートの時まで会社の看板を背負う必要は無いかもしれませんが、私たちは常に「自分」と言う看板を背負って生きています。人にバレなければ悪いことをしても良いと思っている人がいるかもしれませんが、その人の「自分」の看板は胸を張って人に誇れるものでしょうか。ずるいことを全くしない人間はいないかもしれません。私もずるをする時もありますが、人にちゃんと見せられる看板にできるように、日々誠実に生きていきたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする