羽毛布団購入レビュー。「西川リビング」の2万円の羽毛と、「タンスのゲン」の1万円の羽毛を比較


こんにちは、節約、お得グッズ大好き看護師うっくんです。
ずっとお母さんにもらった綿のかけ布団を使っていましたが、ついに羽毛布団を買いました。
羽毛布団の選び方、ランキングなどを参考に選びましたが、正直よくわからなかったので、私が選んだ方法と、2万円のものと1万円のものを比べた結果をお伝えします。
私の主観がモロに入った実体験は羽毛布団を買おうとされる方の役に立つかもしれません。
※2万円、1万円と書きましたが、若干の誤差がありますのでご了承ください。

羽毛布団の選び方なんてわからない

羽毛布団を買おうとして調べてみると、いろいろなサイトがありました。
「羽毛布団×選び方」と検索するだけで何十個もページが出てきました。
いくつか見てみましたが、本当に難しかったです。
グースかダックか、ダウン率、ダウンパワー、などなど・・・
数字を見て比較するだけなら簡単なのですが、

「数字だけを見て判断してはいけません」

なんて書いてあるサイトもあるので、もうわけがわかりません。
自分なりに基準をつくって判断するしかないと思います。

「西川リビング」の2万円の羽毛布団を選んだ基準

広げた羽毛布団と布団カバーが写っている写真

西川リビングというブランド

西川というと高級ブランドというイメージですが、西川には「京都西川」「東京西川」「西川リビング」とあるそうです。
創業者は同じだそうですが、気になる方は調べてみてくださいね。
私としては「西川の布団」というネームバリューにひかれたというところもあります。

2万円というちょっとぜいたくを感じる値段

これは個人の価値観によりますが、日用品である羽毛布団に2万円はけっこう高いなと思います。
人によっては「5万円、10万円は出さないと」、という人もいるかもしれませんが、私には2万円が限界ですね。
そしてほつれたりしなければ10年は使うつもりでいます。

悪いレビューがほとんどない

楽天でのレビュー件数自体は100件以下と少し少なめですが、総合で4.5以上で、全て☆3以上のレビューというのがいいなと思いました。
☆1つ、☆2つという悪いレビューはありませんでした。
他の羽毛布団のレビューを見ていると、悪いレビューもたくさんありました。

  • ぶ厚さがなくペラッペラ
  • 寒い
  • 動物のにおいがしてくさい

悪いレビューはほとんどこの3つでした。
あとはお店の返品対応とか、商品の品質自体には関係ないものでした。
実際のこの商品のレビューには、
「臭いは少しするがほとんど気にならなかった」
「ふわふわでボリュームたっぷりで暖かかった」
というものがありました。

「タンスのゲン」の1万円の羽毛布団を選んだ基準 

羽毛布団を広げた写真

1万円という安さ

2万円の布団は私の妻と子供(0歳)が兼用で使うものとして買いました。
私(パパ)が使うものは安ければ安い方がいいという考え方です。
夫婦は謙虚でないといけないと思っています。
こちらの記事にその考えを書いています。
 >>育児をする夫婦の間で「謙虚さ」と「思いやり」が大切だ
1万円の羽毛布団が安いかと言われればわかりませんが、ネットで検索して出てくるものや量販店のものと比較しても安い方に入ると思います。

安いけど悪くはない

私の個人的な考えですが、商品の価格が安くなればなるほど、

  • 商品の品質が悪くなる
  • 商品の個体差が大きくなる(不良品が増える)
  • お店の対応が雑になる

というイメージがあります。
となると心配なのは、不良品に当たりたくないということです。
安いなりにある程度の品質があり、不良品に当たる確率が少ない、というものを狙おうとしました。

レビューが多くて悪いレビューが少ない

そのために参考にしたのが、購入レビューです。
楽天で「羽毛布団」と検索すると、約93000件の検索結果が出てきました。
その中で検索条件を「☆4つ以上の評価がついてるもの」とすると、約8000件にしぼられました。
その結果をレビューの多い順で並べ、「レビューの件数が1000件以上のもの」を数えると、25個ありました。
その中でレビューを見てみると、ベタぼめしているレビューから、クレームのようなレビューもたくさんありました。
やはり、「寒い」「くさい」というものが大半でした。
値段から考えて私が購入したものは、購入レビューは6000件以上で、総合評価は4.43でした。
※上記は全て2018年1月時点のものです。

最後は直感

どれだけレビューを見ても、何がいいのか本当にわかりません。
これだけ条件を出して絞って、最後に1万円の布団を選んだ理由は、「直感」です。
なんとなく良さそうという気持ちです。
絶対にこれだけは、という条件だけ決めておいて、最後は直感でもいいと思います。

購入後の比較レビュー

暖かさは感覚的に1.3~1.5倍の差

↓実際の写真ですが、ぶ厚さはそれほど変わりません。
2つの布団を隣り合わせに置いて厚みを比較している写真
しかし体に実際かぶってみた感じはかなり違いますね。重みがあって、「中身がつまってる」感じがします。
もちろん綿布団と比べたら軽いです。
暖かさは比べようがありませんが、体感的には1万円のものと比べると1.3~1.5倍くらいの差かなあと思います。
値段は2倍ですが、暖かさも2倍とまではいかないような気がします。
ただ、愛知なら冬でも1枚でいけそうな気がします。
でもこの布団は私の妻と子供が使っているので、私が使うことはありません。
ちょっと悲しいです。

においはどちらも気にならない

2万円のほうはにおいについてのレビューはほとんどなかったですが、1万円のほうはにおいが気になるというレビューがたくさんありました。
私はどちらも気にならなかったです。
個人差あるかもしれません。

2万円のほうは、布団カバーなどオプションを選べる

「西川リビング」の2万円のほうは、オプションが選べます。

  • 毛布
  • タオルケット
  • フェイスタオル
  • 布団カバー
  • 布団回収サービス(期間限定)

などがあります。
私が購入した時に選んだ布団カバーはフランネルのものでしたが、今みてみるとありませんでした。
時期によって変わるのだと思います。

まとめに

羽毛布団は本当に選び方がわかりません。
本格的な家具屋さんに行った時には30万円の羽毛布団をすすめられましたし。
いいものを買うのはいいと思いますが、コスパの良いものを選びたいです。
使ってみて、品質と価格のバランスに納得できるのがいいですよね。
私が書いた記事が参考になればと思います。
ちょっと長めに使うことを考えてぜいたくしたい派 → 2万円のもの
とにかくコスパ重視、だけど失敗はしたくない派  → 1万円のもの がおすすめです。

 >>2万円の羽毛布団はこちら

 >>1万円の羽毛布団はこちら

それでは、より良い人生を!

節約系の記事はこちらです。
 >>節約記事集

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする