機嫌が悪い人がいたら、自分の行動に目を向けてみる


スポンサーリンク

こんにちは、機嫌が悪い人が苦手な看護師うっくんです。
みなさんは人の行動に敏感ですか?鈍感ですか?
鈍感な人は特にこの考え方をしなくてもストレスをあまり感じないかもしれませn。
人の行動に敏感で、機嫌の悪い人がいると自分まで影響されてしまう人には、自分の気持ちをコントロールするのに役立つと思います。

人の行動によるストレス

人は一人では生きていけません。現代社会に生きていく者として、誰にも頼らずに生きている人はいないと思います。
仕事や生活の仕方によっては、ほとんど人と関わらないという人もいるかもしれませんが、かなり珍しいケースだと思います。
つまり、人は仕事や生活をしていく時に、何かしら人間関係によるストレスにさらされているということです。
では、機嫌が悪い人に出会った時のケースで考えてみます。

機嫌が悪い人がいたら

人はなぜ機嫌が悪くなるのでしょうか。

  • 気に入らないことがあった
  • 体調が悪い
  • 辛いことがあった
  • あなたの行動が気に入らない
  • 理由はわからない
  • etc・・・

機嫌が悪い人の理由を正確に知ることは難しいですね。
直接聞いたら余計機嫌が悪くなるかもしれないし、直接聞いても教えてくれないかもしれません。
それに、あなたの行動が気に入らなくて機嫌が悪くなっているのであれば最悪です。
理由を直接聞こうものなら、

「あなたのせいでしょ!なんで全然気づかないの!もう話しかけてこないで!」
と言われる、もしくは心の中で思われるかもしれません。

なぜ機嫌が悪いのか知ることはできない

直接聞いて答えてもらえない可能性があるのなら、その人が機嫌が悪い理由というのを100%正確に知る方法はない、ということになります。
では、機嫌が悪い人がいたらどうすればよいのでしょうか。
我慢しますか?それともなんとか理由を聞き出そうとしてみますか?
または、共通の知人に理由を聞きだしてもらいますか?

機嫌が悪い人へのアプローチ

私は今までは、その人に対して、心配してますよ、気にかけてますよ、という態度を伝えるようにしてきました。

「体調悪そうですけど大丈夫?」と心配しながら声掛けたり、

「テンション低いね、なんかあったの?」と少しざっくりとした質問をしたりしていました。

スポンサーリンク

その時の反応としては、「実は・・・」と理由を応えてくれたり、機嫌悪いまま「別に何もないです」とそっけない答えが返ってきたりと、様々なリアクションがありました。

気にしすぎると自分が疲れてしまう

私は周りの人の行動や態度が気になるタイプなので、このような声掛けをして、その反応によって一喜一憂していました。
理由がわかれば、「そうだったんだー、私に対して機嫌が悪かったんじゃなかったんだ、安心」となりますが、
「別に何もないです」と言われたら、それ以上何もできません。
でも、(いや明らかに機嫌悪いけど・・・私何かしたのかな・・・気になる。でももう聞けないし。)・・・もやもや
となってしまいます。
明らかに機嫌が悪い人に影響されて振り回されてしまっている状況でした。

人の行動に注目してしまうと・・・

人の行動に注目し、人が自分をどう評価しているか、ということを気にしだすと、人の行動に振り回されてしまう、ということになります。
自意識過剰、とも言えます。

もし人の行動ではなく、自分の行動に目を向けてみるとどうでしょうか。
例えば、笑顔で挨拶をした時に、相手がにらんで無視してきたらどうでしょうか。
ほとんどの人が嫌な気分になり、「何かしたかな?」と思うと思います。
思い当たるふしがある場合は別ですが、理由もさっぱり見当つかない、という場合には、自分がどういう行動をしたか、ということに目を向けることで、そのストレスを減らすことができます。
この場合だと、「相手は無視してきたけど、ちゃんとこっちから笑顔で挨拶できたぞ。私えらいね。」と自分がとった行動をポジティブに振り返ることです。
自分の行動はコントロールできます。また、自分が周りの環境からどのような影響を受け取るか、ということも考え方次第でコントロールできます。
相手のリアクション全てに心を乱されるのは、環境によって自分の感情が左右されているということです。どのような環境にいても、自分の心を凪のように穏やかにいられるような人はとても素敵だと思います。
機嫌が悪い人に会って自分の心が乱されそうになったら、自分の行動に注目してみてはいかがでしょうか。今までとは違う穏やかな気持ちになれるかもしれません。

まとめ

  1. 機嫌が悪い人に出会ったら、理由を知ろうとするのは良い
  2. でも自分が振り回されてはいけない
  3. そのためには、自分の行動に注目してみる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする