【子連れ家族5人でハワイ】赤ちゃんのパスポート申請方法


スポンサーリンク

こんにちは、看護師うっくんです。
赤ちゃん連れの5人家族でハワイに行きます。

メンバー:私、妻、長男(3歳)、長女(8カ月)、私の母

5人でツアーだと費用がかなり高くなってしまうので、個人手配にしました。
個人だと赤ちゃん連れだけでも準備や計画が大変ですが、5人となるとホテルや飛行機の予約も大変です。
私の忘れないためのメモがてら、同じ状況で行く方の参考になればと思います。

することリスト~おおまかな流れ

  1. 日程を決める
  2. パスポート(旅券)の手配 ←今日はココ
  3. 航空券予約
  4. ホテル予約
  5. ESTAの取得
  6. 海外旅行保険に加入
  7. 出発前の事前予約(オプショナルツアー、wi-fiルータなど)
  8. 持ち物準備
  9. 出発
  10. 滞在
  11. 帰宅

赤ちゃんのパスポート申請の注意点

パスポートの写真
必要な書類や細かいところはこそだてハックのサイトにありますので見てみてください。
 >>赤ちゃんのパスポートの申請方法は?写真を撮るコツや必要書類は?

実際私がこうすればよかった、など実際に申請した時に思ったことだけ書いていきます。

申請は赤ちゃんを連れていったほうがいい

赤ちゃんのパスポートを申請する時は、赤ちゃんはサインできないので、親権者のパパやママが代理でサインをして申請します。
申請からできあがるまでは1週間程度時間がかかるので、受取にはもう一度旅券センターに行く必要があります。
受取には赤ちゃんを連れて行く必要がありますが、申請だけなら連れて行かなくても申請できるます。
ですが、私の子供のように、当日「写真の撮り直しをしてください」と言われる可能性があるので、できれば連れて行ったほうが安心です。

申請:赤ちゃんを連れて行かなくてもよいが連れて行ったほうがいい
受取:必ず赤ちゃんを連れて行く

赤ちゃんのパスポート写真に絶対オッケーはない

私は家で写真を撮りましたが、どうしても背景にちょっとだけシワが入ってしまいました。
心配だったので、私が住む愛知県の旅券センターに問い合わせてみました。

<質問内容>
「写真を撮る際、どうしても少し影が入ったり背景(シーツのシワ)が入ってしまうが、多少なら許容してもらえるかどうか」

提出された写真はそのまま旅券に転写されます。窓口で確認させていただき影や反射の度合いによって本人確認しづらい場合は、撮り直していただくこともありますので御理解ください。
(参考:パスポート用の写真)
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/kenminseikatsu/0000003550.html

スポンサーリンク

とのお返事でした。
そりゃそうですよね。見てもいないのでオッケーですよなんて言えるはずないですね。

赤ちゃんのパスポート写真でダメだった例(実際の写真)

↓実際に撮った写真です。
背景にシーツのシワがはいっている赤ちゃんの写真
背景にシーツのシワがはいっている赤ちゃんの写真
↑どちらもしっかりシーツを引っ張りながら撮ったのですが、どうしても頭の重みでシワが入ってしまいます。
背景の色を修正してシワが目立たなくなるようにしてみましたが、これでも申請の窓口で「背景がダメです」と言われました。

赤ちゃんのパスポート写真でOKだった例(実際の写真)

↓旅券センターの中にある写真屋さんに撮ってもらった写真です。
背景にシワがない赤ちゃんの写真
比べると確かにシワが全くない、完璧な写真ですね。
でも頑張って撮ったから合格にして欲しかった・・・

まとめに

赤ちゃんのパスポート写真を家で前もって撮って行くことは、とてもいいと思います。
当日撮ってもらう場合だと、もし赤ちゃんがずっと機嫌が悪くて写真が撮れなければ申請できません。
赤ちゃんをせっかく連れていったのにそれでは悲しすぎます。
しかし、私のように頑張って撮っていっても申請窓口で却下される場合があります。
撮っていくなら最低私が撮った写真よりもキレイに撮る必要があるでしょう。
上に載せた私の赤ちゃんの写真を参考にしてください。
それではより良いハワイ旅行を楽しんでください。
そしてより良い人生を!

ちなみにハワイはこれから行く予定なので、ちゃんと計画通りに行けることを祈っています。
念のためこんなことも考えています。
 >>万が一、旅行がキャンセルになったら?キャンセルに備えてできること、リスク管理とは

そして、以前本当に旅行がキャンセルになってしまった時の記事です。
 >>旅行がキャンセルになった時のメリット、腹いせの方法とは

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする