【秋保大滝】アクセス、駐車場、歩いてかかる時間まとめ


こんにちは、家族旅行大好きな看護師うっくんです。
先日仙台旅行に行って、秋保大滝を観光してきました。
どうやって行くのか、駐車場からどれくらい歩くのか、ネットで検索してもわかりにくかったのでまとめました。

スポンサーリンク

秋保大滝へのアクセス

秋保大滝へ行くには、バスか車です。

バス:仙台駅から1時間20分
車 :仙台駅から約40分
 ※バスの運行日や時間に注意してください。

秋保大滝の駐車場

展望台側の大型駐車場(100台)

秋保大滝の駐車場

秋保大滝には駐車場が2つあり、展望台側と滝つぼ側にそれぞれひとつずつあります。
展望台側には100台の大型駐車場があります。

滝つぼ側の小型駐車場(10台くらい)

もうひとつの駐車場は、滝つぼへの遊歩道の近くにあります。
滝つぼまで歩いていくのであればこちらの駐車場がおすすめです。
↓ただ、10台ほどしか停められないので、混雑時は停められない可能性があります。
秋保大滝の小型駐車場の写真

歩いてかかる時間

秋保大滝案内図の写真
秋保大滝の全体案内図です。
歩いてかかる時間はこうなります。

展望台側駐車場→滝見台まで3分
展望台側駐車場→滝つぼまで20分
滝つぼ側駐車場→滝つぼまで10分
滝つぼ側駐車場→滝見台まで10分

手軽に滝を見るだけなら展望台(滝見台)がおすすめ

展望台側駐車場に車を停めて、歩いて3分ほどで展望台に着くので、そこから滝を上から見るのが一番簡単です。
↓まず駐車場の横の大滝不動尊というお寺に入ります。
大滝不動尊の鳥居の写真

↓本堂の右側に展望台へ続く道があります。
大滝不動尊の中の写真

↓展望台へ続く階段があり、下っていくと
滝見台へ続く階段

↓1分もしないうちに展望台に到着します。
滝見台の写真

↓展望台からは滝を上から見下ろすように見えます。
滝見台から見た滝の写真

上からでもちゃんと滝は見えます。
滝つぼは半分ほど見えます。

しっかり滝を見たいなら滝つぼまで行くのがおすすめ

展望台から見る滝も迫力がありますが、もっと近くで滝を見るなら滝つぼまで歩いて下りていくことをおすすめします。
展望台側駐車場からも滝つぼまで歩いていけますが、滝つぼ側の駐車場に車を停めていくほうが近いです。
私たちは展望台側駐車場に車を停めて展望台から滝を見て、その後に車で滝つぼ側駐車場に移動して、滝つぼまで行きました。
 ※滝つぼ側は10台くらいしか車が停められません。

↓滝つぼ側駐車場に車を停めて、ここの階段を下って遊歩道に入ります。
滝つぼ側駐車場から階段を見た写真

注意!滝つぼへ行くにはスニーカーか運動靴が必要

滝つぼへ行くには遊歩道を歩いていく必要がありますが、大小あわせて130段くらいの階段があります。
階段もかなり急で、滝つぼまで下りると、ごろごろした岩の上を歩きます。
ハイヒールは絶対ムリですし、パンプスなどでもかなりつらいと思います。
スニーカーか運動靴でないとケガをするかもしれません。
また、足腰に不安があるかたは、誰かに手伝ってもらって行くほうが安心だと思います。

スポンサーリンク

↓これくらい急な階段を130段ほど下っていきます。
遊歩道の階段の写真

↓階段を全部下りて、こんな岩の上を10メートルほど歩くと・・・
滝つぼの近くのごろごろした岩の写真

↓滝つぼへ到着します。子供も喜んでいます。
滝つぼの写真

↓滝つぼから見た滝はこんな感じです。
滝つぼから見た滝の写真

写真では伝わりにくいですが、迫力があり、滝つぼならではのひんやりとした空気が流れています。

まとめに

秋保大滝はガイドブックでもちょっとしか紹介されていませんが、観光地としてとてもおすすめです。
日本三名瀑のひとつと言われていますが、調べてみると華厳の滝、那智の滝に続く3つ目の候補、だそうです。
かかった時間は全部で1時間ほどでしたので、子供がいても退屈せずに楽しめます。
私たちは行きませんでしたが、展望台側の駐車場には秋保大滝植物園も併設されています。
ぜひ行ってみてください。

関連記事
 >>家族のために生きること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする